全て任せられる!?風評被害対策が必要な時

最近の風評被害はネットから生まれる

ブログ、掲示板など誰でも書き込めるサイト、サービスなどが増えた影響で、風評被害も今やネットで発生するようになりました。それに対し、ネットでの風評被害対策もある程度は確立され、対処方法を紹介している業者、サイトなども増えています。商品、サービス等を対象とした風評被害の場合は売上に響くこともあるので早急に対応した方が良いです。基本的には情報が広まる前に食い止めるように気をつけて行動することが重要となりますよ。

記事を投稿したユーザーについて

風評被害となる記事を投稿したユーザーを特定することが、問題解決に繋がることは多いです。ユーザーの特定方法はいくつかありますが、IPアドレスを調べるといった方法が有名です。ただし個人では少し難しい上に、あまり推奨はされていないため、風評被害対策の業者などにお任せしましょう。またホームページ、ブログなどであれば、運営会社に問い合わせるといった手段もありますね。最近は比較的対応の良い運営会社が増えましたよ。

風評被害には焦らず対応

気を付けたいのがパニックになって、思いもよらない行動を取ることです。風評被害にあうと落ち着かない気持ちになるかもしれませんが、まずは落ち着き証拠になりそうなものを集めましょう。記事のコピーはもちろんのこと、記事が掲載されたウェブページのURLなども念のため保存しておくことをお勧めします。その上で業者へ問い合わせるなどすれば、解決もしやすくなります。業者によっては逆SEO対策なども行ってくれますよ。

インターネット上での誹謗中傷対策の一つとして、SNSやインターネット掲示板において過激な投稿をしないというのが挙げられます。