貰った時に大切にしようと思わせる事が大事!トロフィーに求める品質とは

トロフィーの持つ意味とは

規模や格式の差こそあれ、誰もが大会やコンクールで入賞しトロフィーを貰う時は最高の気持ちに包まれるものですよね。入賞したという喜びはもちろん、それを実体として具現化したトロフィーの存在も大変重要。事ある度に室内に飾られているトロフィーを見て、その都度入賞したという実感が湧くと共に、その後も良い思い出として残り続けてゆくからです。素晴らしき思い出となるからこそ、トロフィーの製作に半端な気持ちで臨めないという事は分かるでしょう。

チープな印象が最も嫌われる

貰った人が将来に渡って入賞の喜びを実感してもらう為にも、トロフィーの造りは出来るだけ精密に、荒さの無い様心掛ける必要があるでしょう。いかにも安価なプラスチックという雰囲気を醸し出してしまうトロフィーはコスト面でこそ有利ですが、貰った側が喜んでくれるとは限りません。むしろその出来にがっかりしてしまい、その後の大会参加をリピートしてくれない可能性だってあるかも知れませんよね。入賞者を最大限歓迎しリスペクトするという意味において、やはりトロフィーの造りは大切なのです。

大会ジャンルのオリジナリティ溢れたトロフィーを

ありふれたデザインのトロフィーは汎用性が高く製作業者に依頼し易いものですが、その分大会ごとのオリジナリティーに欠け、どうしても面白みに欠けてしまうのは致し方ありませんよね。多少無理をしてでも、その大会のオリジナリティを全面に出したデザインにした方が貰った側も喜びますし、大会へのリピート参加を促すという大きな効果を発揮してくれる筈なのです。だからと言って奇抜なデザインにすれば良いのかと言えばそうでは無く、あくまでその大会のジャンルに則したもの、トロフィーを見ればどのジャンルの大会か一発で理解出来るものがベストでしょう。

ゴルフコンペの商品にはトロフィーがおすすめです。記念になりますし、意外と安価に購入する事が可能です。