話題の仮想通貨ってなに?ビットコインの仕組みと今後

ビットコインは手で触ることができないもの

仮想通貨のビットコインが長らく話題になっています。日本で知られ始めた頃は、ビットコインの開発者が日本人とされていたので、その正体は誰なのかという話が多かったですが、最近はビットコインが普及していくと生活はどう変わるのか、あるいはなにが便利になるのかという話が増えています。ではまず、そもそもビットコイン及び仮想通貨とはいったいなんなのでしょうか。これは名前が表すとおり、触れることができる形としては存在しない通貨ということになります。

誰でも採掘と呼ばれるシステムで入手可能

では、発行しているのはどういう組織なのでしょうか。たとえば、日本円の場合、発行しているのは中央銀行である日本銀行です。しかし、ビットコインの場合、特定の組織が発行しているのではありません。発行のシステムが存在していて、誰もがそのシステムを利用してビットコインを生み出すことが可能なのです。この仕組みは採掘と呼ばれます。しかし、無限に採掘できるわけではありません。採掘できる量はシステムによってコントロールされていて、流通量が増えすぎて価値が暴落しないようになっています。

今は投機対象だが今後買い物で使える可能性も

では、ビットコインを入手したら、それはどこで使えるのでしょうか。ビットコインをお金代わりにして商品を購入できるというショップはまだ多くありません。日本国内ではビットコインを使うのではなく、投機の対象にして売買している人がほとんどでしょう。ただ今後、民間企業でありながら信頼性の高い銀行などがビットコインで振込手数料を支払えるといった仕組みを導入してきた場合、ほかの業種でも利用できるところが増えていく可能性があります。

ビットコインはお金です。目に見える形のない仮想の通貨です。効果や紙幣は存在しません。次世代の通貨を目指して作られた仮想通貨です。